redorca 秋友義彦鍛造所    ひみちゅの直販     
 
 トップページ
    鍛造刃物について
    研ぎなどの受付・お手入れ方法他
    ブログ
    火床ブランド
    動画サイト
    redorcaテレビ放送
    通信販売の法規に基づく表示
    送料について
 redorcaクジ賞品内容
 レア商品
 剣鉈
 山林刃物
 試作品・限定品
 ナイフ壱
 ナイフ弐
 ナイフ参
 redorcaアパレル
 お取り扱い店舗リンク
 秋友鍛造所地図



 
 
 
<noscript></noscript> 

レッドオルカ ホームページ
 
  お知らせ
 
 
第24回 広島カスタムナイフショー
redorca出展
平成30年11月24日(土) 11:00~17:00
平成30年11月25日(日) 10:00~15:00
redorca出展しまーす(`・ω・´)ゞ
会場 広島県立産業会館 西館1階 第4展示場
〒732-0816広島県広島市南区比治山本町16-31(駐車場有) 
 
 
 
 
 

合計カウント数 

本日ご来訪カウント数 


 
                  
 redorcaへようこそ


redorcaこと秋友祥造

三代目秋友義彦です

秋友家は鍛造を創めて約一世紀
ずっと続けていければいいなって思っています

2003年1月より単体鍛造所で完成品まで作る
redorcaと言う名のブランドを立ち上げました
     red orcaの解説
広大な太平洋を自由に優雅に泳ぐ一匹の鯱。
その姿は真紅でありこの世に存在するはずのない伝説の生き物である。
その稀さ故か同種族の群れに入ることも無い。
彼は一人で生きてゆける力があるからだ。
それに海には他のいろいろな仲間もいるしね・・・
そんな意味合いでブランド名にしました。
(小学生の時に読んだ「俺は鯱だ」という本の影響で鯱好きです)
よく聞かれるのは「夕日に反射して赤いのでしょ」と言われますがちょっと違います。

クリスチャンラッセンの影響でもありませんが、彼の描く絵は言うまでもなく大好きです
 




このhpでは、knifeショウや刃物祭りイベント等でのみ販売している商品や卸商社のみお取り扱いしている商材をredorcaより直販するホームページです

限定品や珍しいものも多いので、ぜひご購入のご検討くださいませ♪

少し見づらいかもしれませんが、よろしくお願い申し上げます

    
<colgroup> <col width="72" /></colgroup>
 
 土佐打ち刃物の歴史
高知県は南街道に属し日本書紀の時代より「土佐国」と呼ばれておりました。
全国でも屈指の「温暖多雨地」であり、古くから「良木」に恵まれ、多くの「木材」を搬出し
てきました
それに伴って「山林伐採に必要な打刃物」が古くから造られました
また、鎌倉時代後期、徳治元年(1306年)大和国より土佐に移住した刀鍛冶「五郎左衛門義光派」が室町末期(1580年)まで繁栄し、打ち続く戦国の乱世で「武具刀剣等」の需要に応じておりました
 
また彼ら刀剣鍛冶の影響は、農業、山林用打刃物鍛冶とも技術的にもあいまって多くの鍛冶屋が土佐国内に点在していました
 
なぜ香美市土佐山田町が「土佐打刃物の発祥の地」と呼ばれているかというとこの時代に土佐を支配していた藩主長宗我部元親が豊臣秀吉に仕え小田原征伐に参戦した際、佐渡から優秀な刀鍛冶を土佐に連れて帰り、現在の香美市土佐山田町に住まわせ、この鍛冶職人のおかげで土佐打刃物の技術が著しく向上したといわれております
 
天正十八年(1590年)土佐一国を総地検した、「長宗我部地検帳」に、399軒の鍛冶屋が居たことが記されています。
 
土佐打刃物の本格的な隆盛は、江戸時代初期土佐藩の財政窮迫による「元和改革(1621年)」により始まります
 
藩は森林資源の確保や新田開発の振興政策を遂行し、家老職「野中兼山」の「農山林収益策」により農業林業用打刃物の需要が拡大したおかげで土佐打刃物の生産量、品質が格段に向上しました
 
こうして藩政に対しての鍛冶屋の切磋琢磨の貢献が、他に比類なき「土佐打刃物」を生み出しました
 
「土佐打刃物」は多少の道具の機械化は取り入れたものの江戸時代から続く400余年の古式割り込み鍛造製法技術と伝統は21世紀になった現代の世まで変わることなく受け継がれています
 杣人(そまびと)のお話↓
 http://blogs.yahoo.co.jp/redorcashozo/43933805.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/redorcashozo/43934222.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/redorcashozo/43935290.html
 明治維新の廃藩置県により関所がなくなり、自由に杣人たちは杣組といった10~15人の集団で価値ある森を見極め地主と交渉し日本全国に出稼ぎしたのです
土佐打刃物が全国的に山林刃物のトップの地位を築いたのは、それについていった鍛冶師・地元に残って顧客の要望を聞き改良を施した者・そしてその出稼ぎ地で永住した者に分かれたのですハイ

 土佐伝統の鍛造方法 割込本鍛造の流れです

 
鉄を炉で焼きますヾ(◕ 0 ◕ღ)
昔は鞴(フイゴ)で和鉄(タタラ製鉄)を炭もしくはコークスで折り返し鍛錬してたそうです



鉄に自家製鏨で溝を彫ります






刃の部分となります鋼を溝に入れ鍛接剤をかけ熱して
鍛接剤が沸く(蒸発する)時に炉から取り出し叩いて真空にし鉄と鋼をくっつけます
これを沸かしといいます


鋼だけでは折れやすいですし、焼入れ性が悪く反り歪みが生産効率を下げるのでやわらかい鉄に硬い鋼をくっつけることで貴重な特殊刃物鋼の特性を活かせる刃物になる訳です

くっつけたら、必要な分だけ切り飛ばし炉に入れ形成鍛造します
昔は動力電気機器などないので削る手間をなるべく省く為に、この形成鍛造で長さ・幅・厚み、そして重量を鍛冶師が形成します
  すると・・・角材がこーなっちゃいます\(//∇//)\

  新しい作品として海外の技術も参考にしてます

  
 


革切り庖丁

珍しい形のオーダーにも出会えました
 

いろいろと造ってきましたが

「日本の古い家屋には和鍛造物がよく似合う」

っと言われたこともありまして

まだまだたくさん仕事はありそぅだなって感じてます

私も探していきますが

みなさんも探してみていただければ

きっと、見つかると思いますヨ♪

古き良き薫りを
    



redorca 秋友義彦鍛造所 
〒782-0054高知県香美市土佐山田町植139
tel/fax 0887-53-3390

WHAT"S NEW
 2012/08/27hp製作開始
 2018/10/22試作限定品コーナー「フルタング庖丁」Up 剣鉈コーナー「甲伏せ鎧通」しUP