redorca 秋友義彦鍛造所    ひみちゅの直販     
 
 トップページ
 関係あり動画サイト
 ブログ
 ホームページ定番品
 剣鉈
 ナイフ壱
 ナイフ弐
 ナイフ参
 試作品・限定品
 庖丁
 山林刃物
 レア商品
    叢雲
    因幡の白うさぎと月読
    百足丸
    二式大艇 黒
 ブレードのみ(ハンドル加工無)
 ブレードのみ販売(ハンドル加工無) キズ有
 生産終了廃盤品在庫残
 redorcaアパレル
 お取り扱い店舗リンク
 秋友鍛造所地図
 redorcaクジ賞品内容



 
 
 
<noscript></noscript> 

 
百足丸(むかでまる)
  
商品名:百足丸
価格:66000円(本体60000円、税6000円)
在庫がありません
 

15積層安来鋼白紙二号割込本鍛造乱れ紋丹黒錆仕様

真鍮 黒檀 花梨 チーク材 番線

朴木鞘柿渋塗り エイ革麻糸巻

 

伝説や空想による、おおむかでと刃物の関係をモチーフに作品にしてみました

退治される前の「おおむかで」と退治されたその後、付喪神となり刃物に変化した物語のイメージです

毒虫らは姿は禍禍しいですが美しい色合いを持ち合わせています

個々の人の経験からなのか古き世からの遺伝なのか分かりませんが私たちは毒虫を危険な生き物だと本能的に察しているのではないでしょうか?

「ソレ」はなんらかのひとつの信号であり力でもあると感じています

今回は「ソレ」を眼に見える形として表現してみました

藤原秀郷近江国三上山に住む蜈蚣(大百足)を退治した礼に龍神から送られた宝物の一つで伊勢神宮の宝物である蜈蚣切というものと
鵺(ヌエ)退治の褒賞として源頼政が鳥羽天皇より下賜された名刀「獅子王」の 別名が「百足丸」だったなどがあります